人付き合い濃度

これは、生き方・将来を描くイメージによって決まる。

さてアナタはどのタイプ?

トップオブトップ
有能な人が集う集団のトップ
自分より才能に長けた者で周りを固める
自分の目的のために躊躇せず、周りも協力を惜しまない。

猿山のボス
組織のトップが好きな人
常に周りに人が集る(たかる)
自分の目的のために躊躇しない
金と勢いでマウント取るよ

取り巻きの狐
猿山のボスの取り巻き
◯◯さんて凄いだぜ、みたいな。
何でもボスの自慢で話がつまらない
正に虎の威を借る狐

ドロンパ狸
誰の取り巻きにもならず
時には狐の空気感も出す
あっちにこっちにドロン
狸に化かされた人多し

ネコ科人間
気分で動く
ボーッとしたフリして洞察力高し
単独でも生きれる強さと
すぐに飽きる潔さ

私、蛾。
私が私が自己中異常。
まわりが避けてるのが分からないタイプ。
やたら着飾るがギラギラした蛾のよう。
実は毒を持っている。

イゾン層
自分では何もしない人。
他人依存な生き方。
誰かがやってくれるさ。
あれ?なんでやらないの?
依存のくせにマウント取りに来る。

他にも色々なタイプの人がいますよね?

人付き合いも色々な形があるけれど、自分は自分。
友達は多くても少なくてもいなくても、自分は自分。

自分の目的は自分でしか成すことができない。

最近の私は、人付き合いが減った。
ていうか、減らした。(コロナとは関係なく)
なんと気楽なことか。

自分の目的に向かって走れる。

そもそもは猿山のボスを目指してた。

しかしそれには資金がないとダメだ。
そして、その中は金だ。

その”金”を作るのに取り巻きは不要だ。

取り巻きの稼ぎを優先させたりして
形に憧れちゃダメさ。

しかも形を力で作っちゃダメよ。
それは実力じゃないから崩れる。

崩れない石垣を構築するにゃ
石について知り尽くさにゃできん。

知り尽くすにゃそれに没頭せにゃならん。
だから己を邪魔する人付き合いは要らんのだ。

1人:100人
1人:10人

当然後者の方が人付き合い濃度は、濃い。
100人と薄い付き合いするなら、10人とガチ濃度で崩れない石垣を構築しよう。

まずは1人から。
その1人は自分のことだよ。

人付き合い濃度を上げるなら、
まずは自分との付き合い濃度を上げようじゃないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です