リサーチ力とは?

私はネットビジネスで物販することを生業としています。
ネットビジネスですからPC作業で完結しています。

物販ですから「商品を安く仕入れてなるべく高く売る」ということをしております。

物販とは、店舗に自分が売りたい物を並べてお客様に買ってもらうのですが・・・
八百屋さんなら季節の野菜を市場から仕入れ
肉屋さんなら新鮮なお肉を市場から仕入れます。

なるべく新鮮なものを他店よりも安く売れればお店は繁盛して儲かります。
もしくは他店では扱っていない商品を仕入れて、人気が出ればお客様を独り占めできます。

要するに、目利きできるようになることが大切なことだと言えます。

ネット物販も同じことが言えるでしょう。

目利きができなければ安く仕入れることもできませんし、売れない商品ばかり仕入れてしまえば儲けることはできません。

ではなぜネット物販は素人が参入できて初月から商売が成り立つのか?

それはPCツールが目利きをしてくれるからなんです。
月間5〜10万円レベルの利益であれば、目利きをツール任せにしても可能です。ツールはネット市場に溢れていますので、自分に合う物に出会えると本当に簡単に稼ぐことができます。

しかし、私は思うのです。
「その目利きツールは既に出涸らしですよ!」と。

というよりツールそのものではなく、そこで使うリストやノウハウが、です。

当然のことながら同じツールを多くの方々も使われていますので
全く同じ道具、材料を使っていてはイメージ通りのビジネス展開は不可能です。

いくら有能な道具をもってしても、使う側がレベルアップしなければ労力がかかるばかりで収入は増えません。
それどころか、時代の流れにおいていかれ、自然淘汰される危険性が高まります。

「使う側の能力を上げる」
要するに、リサーチ力を上げなければ自然淘汰も時間の問題です。


では、リサーチ力とはなんでしょう?

以下の記事が分かりやすいかなと思いました。

※無断転載すみません。

この記事を読むと、若干でも耳の痛い思いをされる方もいらっしゃるかもしれません。

国内転売であろうが、輸入であろうが、有在庫であろうが、無在庫であろうが、スタート後からすぐに稼げる人はリサーチ力があります。
自らテーマを考え、リサーチしてデータを取り込みます。

どちらかと言うと私はテーマを考えますが、思考2割、行動8割ですので
失敗を繰り返しながら成功を積み上げていくタイプです。
下手くそなりに努力でカバーするようにしています。

49才のオッサンですから、20代のヒラメキや突進力はありませんからね。
ですが、20代の若手からは気分屋と言われ、60過ぎの爺々手(ジジテ)からは支離滅裂と言われました。(笑)

でも、残念ながら全く気にもならないです。
(ご忠告はありがとう!)

会社員として成功できているわけでもなく、個人事業主として成功しているわけでもなく、アルバイトや親の遺産を小出しにして生きている人のアドバイスを聞いたらどんな人生が待っているのでしょうか???

そもそも言葉のキャッチボールが成立しないのですよ、私の頭ではね。

話が逸れましたが、
自分の進む道を選択するリサーチ力も大切ですからね、一言だけポロリです。

この週末は、国内転売の漁場に
同じツールを使うライバル船が増えてきましたので対策中です。
少しずつルアーを調整中ですのでもうすぐ漁に出発します!!

では、本日も最後に若葉さんの振り返りを。
初心者の方にひ響くと思います!!
ガンバレ!!!

〜今日の振り返り〜
今日は久しぶりに大量のメルカリアラートに、ついていくのに必死でした。
最後まで終了できなかったので、残りをできるところまでやっている最中です。

今日も何点かリサーチできましたが、途中で価格が跳ね上がっているので、過去の価格をチェックするように指導を受けた商品がありました。
「価格差がある!」と喜んでホイホイとリストに載せていたので、大いに反省。

価格差、販売数、過去の価格変動の3点を重点的に見るようにしていますが、難しいのは価格変動の見方です。
3ヶ月前から価格が上がりそのままの金額を維持していた場合、元に戻ってしまうのか、しばらくはこの価格で推移するのか、見極め方が難しい、と言うよりはわからない。

数をこなすことで理解できるようになるといいのですが
今は自分の購入した商品の価格の推移を確認する余裕がない状態なので、もう少し慣れたところで、振り返りをしてみたいと思います。

先日のモノレート閉鎖のお知らせにネットもざわついていましたが、下田さんから次のステップに向けてのお話をいただき、私は目の前のやるべきことをこなして行くのみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です