モノレートのエラー

ここのところモノレートのエラーが顕著なような気がします。
この状況だとリサーチにかかる時間が増えそうです。。。

<パターン1>
モノレートでは一つも売れていないのに、
アマゾンカタログページを見ると価格も出品者数も違う。
国内有在庫転売のリサーチの際には
モノレート→モノゾン同時表示→アマゾンの販売ページまで見ないと
心配ですね。

<パターン2>
モノレートでランキングの折れ線が途中で切れている。
本当に販売中止になっているものと
中止になっていないのに線が途中で切れているものとあります。
最近Wi-Fiが販売中止になることが多いので仕入れは注意が必要です。

<パターン3>
モノレートにカート価格が表記されていないのにカタログページを見たら価格がぜんぜん違う。
高利益商品を仕入れられたと喜んでいると後で違いに気づいてガッカリ。

モノレート=アマゾンランキングは、セールスランキング(販売数)というより
リスティングランキングですよね。
ランキング上位でも売れていない商品もあるというのが驚きです。

情報発信している方の中でもモノレートの情報を鵜呑みにするなと言っている方がいますよね。
他に情報を取得できるツールはないものかとリサーチしてみたら、こんなものがありました。

アマゾン分析ツール
https://arrows10.com/

アマゾンの販売数や金額の実数が取得できるみたいですが、金額がけっこうな感じなので使い方を考えないとモノレートのように気軽に使うというわけにもいきません。
どちらかと言うとキーワードリサーチや生成に良いツールなのでしょうね。
MA系のツールなのかな??

オリジナルブランド商品の売り上げ強化に向いていると言うことですね。
うちはまだまだそこまでできないからいいかなと・・・
中国輸入を始めたら有用なのかな?

アマゾン→海外プラットフォームへの無在庫輸出向けには
こちらのツールがいいでしょうね。

Amazonから製品情報をスクレイピングできるツール
https://www.octoparse.jp/tutorial/scrape-product-informat…

これで出品時の製品説明文の作成も簡単にできそうですね!
うちが着手できるのは来年かな?
アカウントは作ったんですけどね・・・

なんだかんだ言って、やはりモノレートは便利。
気軽に使えるし若干のエラーは見逃すとしましょうか。。。

現在の最大の問題はそうめんリサーチした方には分かっていただけると思うのですが、アラートツールから届く仕入れリストの中に多く発生する「エラーメール」。
できたら届いたメールが全て仕入れ対象であってほしいじゃないですか。

同じツールを使っていらっしゃるサロンメンバーさんも同じテーマで研究されていることと思います。
私も仕入れを外注化するにあたり、ここがボトルネックとなっています。

そこで。。。

このツールを元に
リサーチ〜仕入れ〜納品外注。。。のロジックを考えて
オリジナルでツールを作ることにしました。
リサーチの基準をASINにするので、リストからのリサーチも非常に楽になります。

今回、新たな外注さんとやりとりしていて、クズ素人スタートの下田ではありますが4年の歳月でレベルアップしているらしく、同じ方法だと結果が残せないみたいです。

もちろん私はこれが生業ですし、売り上げが立たなければ生活が維持できませんが、彼は副業なので意識の差は歴然です。
だけど・・・問題はそこではなく、これから外注化を展開していくにあたり
もっと簡単に仕入れができるようにしなければいけない「課題」だと言うことです。

これまでの経験と、下田のヒラメキで1日でツールの骨子は出来上がりました。
明日はプログラマーさんと価格交渉です。
楽しみ♬

これで(今までよりも)ガンガン仕入れできるようになりたい!!
ちなみに1日の仕入れ最高記録は90個です。

200個/日にするには自分の分身をもう一人育てるか。
いや、育たない、簡単には。

だったらツールで仕事を簡単にするのがベストですよね?
細部まで詰めて、超便利ツールにするぞ!!!

さて、本日も最後に
若葉さんの本日の振り返りをご紹介します!
始めたばかりの人には、共感できる内容ですよ。

〜今日の振り返り〜

今日は家電のリサーチでした。
昨日と違い、いつも通り大量のメルカリアラートが届きました!!

昨日の分まで頑張らなければと気合十分で臨んだものの
最初のうちは薄利のものばかりで、心が折れそうになりました。

そうこうしているうちに少し利益のある商品を見つけたのですが、
コメントでやりとりしているうちに商品を他の方に買われてしまいました。

ちょっと悔しかったので、他に出品者がいないか逆リサーチをかけてみると
同じような価格で出品されてるものがいくつか出てきました。
今日はその中で状態の良いものを複数購入できたのでラッキーでした。

購入商品が少ない時も、工夫しながらなんとかその日の目標を達成していくように努力していかなければいけないと感じた次第です。

また、仕入れて良い商品かどうかを迷った結果、
下田さんからやめておきましょうとコメントされるのは良いのですが、
何も考えずにリサーチして、下田さんからOKが出なかった時は、
もう一度その商品を調べ直すようにしています。

特に先を読むことが難しくてよくわからないことが多いのですが、
これまでの不採用商品をファイルに残してあるので、
時間があるときに勉強し直してみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です