仕入リサーチの外注化

現在、メルカリ→アマゾン転売で仕入れの外注化を進めているのですが・・・
仕入れリサーチをいかに簡単にするかを試行錯誤しております。

現在サロンでは、「そうめん」のようにアラートメールをそのまま流すやり方と、既に定番化できている商品については一覧表を作成して、常にその商品を探してもらうかというやり方をしております。

前者はその日にメルカリ市場へ出品されている商品の中から一本釣りしていく形ですから「商品コンディション」「モノレートでのリサーチ力」が必要になってきます。

ここで必要なリサーチ力を養うのって簡単じゃないと思うんですよね。
〇〇万円とか支払ってビジネススタートしているならともかく、ちょっと副業したいなレベルの方には難しい部分もあります。

そこでリサーチがもっと簡単にならないかなと思い、後者の方法で簡単に仕入れられないかと考え始めたのです。

ようは「この商品をいくつ仕入れてください。」
こう言われれば、誰だってある程度の結果を出せると思うのです。

やることがシンプルであればあるほど、力をそこに集中できますから
素晴らしい結果を出せるようになるのです。

で。
在庫状況などいちいちエクスポートしながら帳票を編集する時間は、勿体なさ過ぎて一人ビジネスの場合、ある程度の感覚で仕入れてしまいがち。

これをいつまでもやっていると、外注化には漕ぎ着けません。
(下田はこれをやりがち)

でも今はいくつもの手法を運営しているので、
いかに作業を人に任せられるか(外注化できるか)で、
大きな商売へと展開できるかどうかが決まってしまいます。

ってことで、作業を簡単にする帳票を
簡単に作成する必要があるわけです。

で。
たぶん、これが便利!
って帳票があったのでご紹介します。

セラセン→レポート→フルフィルメント→発注推奨→ダウンロード
(csv にするか txt にするかはお好みで)

アマゾンの発注推奨はある程度正しいでしょうし、
FBA納品の経過がわかるなんて
「サスガはアマゾンの帳票」というところです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です